不動産を探している人は国分建設に注目~注文住宅でマイホーム~

不動産

敷地を見て選ぶ

理想的な敷地20坪の建築プラン

家

土地の価格が割高な東京の都心エリアでは、20坪程度の敷地に一戸建て住宅を建設するケースが多いです。しかし限られた面積に住宅を建てるためには設計の工夫が必要であり、狭小住宅向けの建築プランを活用するべきです。その場合には都市部に強い住宅メーカーの狭小住宅プランを活用することで、東京都心に最適な建築プランから選ぶことが可能です。特に収納スペースを有効に活用することが、狭小住宅を建築するときの成功のポイントです。そのためには屋根裏やロフトを活用して、無駄なスペースをゼロにすることが重要です。また部屋の配置にも工夫を凝らすことで、25坪程度の建物面積でも家族で暮らせる快適な住まいを実現することが可能です。

注文住宅の活用方法

しかし東京で狭小住宅を新築する場合には、特殊な形状の敷地に建築する事例も多いです。そのために住宅メーカーの既成の建築プランでは対応不可能な場合も多いので、オリジナル設計の注文住宅も必要に応じて活用するべきです。注文住宅であれば間口4メートル程度の敷地でも建築可能であり、東京都内のどのような地域でも対応可能です。また注文住宅であれば、家族構成とライフスタイルに合わせて設計してもらえるので、家族の様々な要望に的確に対応してもらえる点が魅力的です。したがって20坪以下の敷地であっても、駐車スペースを確保することが十分に可能です。また狭小地であっても設計の工夫で二世帯住宅の建築も可能であり、両親との同居を考えている人たちにも大人気です。